タカマツナオキのブログ

技術系派遣社員のブログ

ブロガー研究(ちきりん編)

今回も、プロブロガーのブログの研究に関する記事になります。

今回で三人目になります。ちきりんさんのブログを研究しましたので、まとめました。

よかったら、参考にしてください。

 【目次】

 

 

ちきりんについて

ちきりんさんは、2005年から顔と本名を出さずに、はてなブログで記事を書いておられる、自称「社会派ブロガー」の方です。主に、社会、生き方について、書かれています。それらの記事を基に、本やウェブ連載を書かれ、文筆家として活躍されています。

 

ブログ研究

今回は、Chikirinの日記の最新の50記事について調べました。2016年7月5日~2017年7月8日で、50記事を書かれていました。1日当たりの記事数は、0.14個でした。

イケダハヤトさんは1日当たり5~6個で、はあちゅうさんは1~2個だったので、1日当たりの記事数は、圧倒的に少ないですね。

 

記事に書かれている文字数は、50記事で合計7万5200字で、1記事当たり1500文字でした。イケダハヤトさんは1記事当たり500文字、はあちゅうさんは200文字だったので、1記事当たりの文字量は多いですね。

 

以上のことから、1日当たりの記事数を少なくして、調べ時間に重きを置いて、内容の濃い記事を書かれていますね。

 

 

記事に引用された画像数は、50記事で合計309枚で、1記事当たり6.3枚でした。

文字だけの記事が多かったり、画像だけの記事もありましたので、平均すると6.3枚でした。画像が多い記事だと30枚ぐらいありました。文章でも伝えやすいものは、文章だけで、文章では伝わりにくい記事に関しては、画像を使って分かりやすく表現されています。

 

引用ツイート数は、50記事で合計6個で、1記事当たり0.12個でした。

引用されたこともしっかり自分でまとめられているので、引用記事を読ませるようにはあまりなっていません。

引用記事のおすすめよりも、自分が読んで勉強になった本の紹介が多かったですね。

 

12才の自分に対して書いているそうなので、文字数が多くても、非常に内容が分かりやすくなっています。

社会のことについて詳しく書かれているため、社会のことを知るのに非常に役に立ちます。

 

 

まとめ

  • 調べものの時間や対談などに時間を割くため、更新頻度はそこまで高くないが、1記事あたりの文字量が多い。
  • 12歳の自分に向けて書いているので、内容が非常に分かりやすい。
  • 社会のことについて詳しく書かれているため、社会を知るのに非常に役に立つ。

 

以上です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。