タカマツナオキのブログ

技術系派遣社員のブログ

キンコン西野×はあちゅう対談 エゴサーチTV

キングコング西野さんと、はあちゅうさんの対談

"炎上対談"キンコン西野×はあちゅう「被害者は私たちだ」「ネット民が放火魔」|エゴサーチTV#9|AbemaSPECIAL【AbemaTV】 - YouTube

を見ました。面白かったので、面白いと思った部分を書き出してみました。

【目次】

 

 キングコング西野 亮廣さんについて

芸人として、キングコングとして活動していたが、ひな壇芸人が嫌なのと、認知タレントしての限界を感じ、芸人以外の活動として、過去には小説を書いていたが、現在は絵本を作っている(西野亮廣 - Wikipediaより)。

 

はあちゅうさんについて

はあちゅうさんについては、ブロガー研究(はあちゅう編) - タカマツナオキのブログにまとめてあるので、そちらをご覧ください。

 


エゴサーチTVについて

 

エゴサーチTVとは、ネット上のテレビである、AbemaTVの番組で、内容は以下のようなものです。

キンコン西野がゲストの“ネット上の噂の真相”を解き明かす

エゴサーチとはインターネット上で自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。番組では毎週ゲストを迎え、ゲスト自らがエゴサーチをしながらネットで出てきた「情報・噂・秘密」などについてトークしていきます。芸能人・著名人にはネットの情報を肯定・否定するチャンスがなく、切り取られた情報だけが一人歩きしていく。まさしくネット上では”キリトリハラスメント”が横行しているのだ!なのでこの番組で本人自ら”これはウソ””これは本当”をきちんと是正していていただきます。番組MCにはネットで様々な噂やアンチと戦い続けている西野亮廣(キングコング)。誰もが気になるゲストの噂の真相を、本人に問いただしていきます!

 

エゴサーチTV(【無料】エゴサーチTV - Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV))全般について言えますが、現在の地上波のテレビでは見れない本音の部分が濃く、面白い番組になっていると思います(テレビしか見ないマスには受けませんが、若い人がよくみるネットには受けやすいと思います)。

 

面白かった部分

 

  • はあちゅうさんの「あ」を「ぁ」にして、ツイッターなどで書いている人は、普段からそういった誤字などの間違いが多いので、心が乱れているので、色々なことに対して悪口を言っている。

 

  • はあちゅうさんは、電子書籍などを含めて50冊以上本を出版しているに、作家じゃないと言われて、傷ついている。

 

  • 西野さんは、色々なことをやっているので、世間からは「お前の肩書きはなんなんだ?」と思われているが、西野さんは、肩書きになんて意味が無いと思っているので、肩書きを気にする人を茶化すために、名前の響き的に、もてる「ミュージシャン」を名乗っている。

 

  • はあちゅうさんは、傷つきやすい性格なので、死にたくなるときもあるが、精神状態を保つために、「死ぬべきは悪口を言ってきた相手だろう」と思って、乗り切っているらしい。

 

  • 炎上させている人たちは、文章の中の一部分を切り取って付けられたタイトルをだけを読んで、批判してくることが多い。文章の流れを全く考えられない、または全く読まずに批判してくるので、基本的に炎上させてくる人たちを「アホ」だと思っている。

 

  • はあちゅうさんは、仕事の電話では、面識の無い人から電話がかかってくることがあり、仕事用のメールアドレスにまずは、メールを欲しいとのこと。電話は、基本的に緊急性の高いものだと考えているので、緊急の電話かと思うので、辞めて欲しいとのこと。

 

  • はあちゅうさんの電話の意見に対して、西野さんが、女性との行為中に、絵本のファンがFacebookの電話機能を使って電話がかかってきて、相手の女性が「どういうこと?」って聞いて、西野さんがあせったとのこと。

 

  • はあちゅうさんの記事が、タイトルと文章の一部を勝手に編集されて、「36才以上の男性で結婚していない人は、マザコンなどの異常者」だと書かれたことを受けて、西野さんは、「でもこれ、合ってると思います。36歳以上で結婚してない男はマザコンなどの異常者だと思います(笑)僕がそうです。僕、性異常者なので」と言っていた。

 

  • はあちゅうさんは、「36才以上」と書くことで、エビデンスがあるわけではないが、意味のありそうな数字だと思って、タイトルだけで読まれやすいので、拡散されやすい。

 

  • はあちゅうさんは、基本的にアンチはいらないと思っているので、炎上などは極力したくは無いが、西野さんは反対で、アンチは基本的に逆張りなので、賛成派の人には無い、深い突っ込みを入れてくれるので、「アンチは絶対に手放すな」とマネージャーなどと話し合ってるとのこと。

 

  • はあちゅうさんは、有料のオンラインサロンで1000人以上を集めることができるが、西野さん曰く、「テレビに出ているタレントの9割りは、1000人以上を有料で集めることができない。」なので、それだけ人気があると思って良いということ。

 

  • 双方とも、炎上していると思われているが、本人たちは、問題の無い発言をしていて、逆にネットの人たちによって、火を投げ込まれて、炎上させられていると思っている。

 

  • 双方の意見で、ネットの炎上には二種類あり、バカッターと呼ばれ、倫理を反した言動をしている人が原因であるものと、現在の社会をより良くするための新しい提案をしたときに、巻き起こった賛否両論が原因であるものがある。西野さんとはあちゅうさんが行っているのは、後者で、全く問題がないどころか、むしろ良い事だということを、視聴者には理解して欲しいとのこと。

 

 

 

 

以上です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。