タカマツナオキのブログ

技術系派遣社員のブログ

自分が向いている環境

    みなさんは、どのような環境が自分に向いていると思いますか?

頑張って成功した人がより報われる環境

みんなが、平均的に頑張って、平均的な給料を得れる環境

     みなさんは、どちらの環境がいいでしょうか?

【目次】

 

 

頑張って成功した人がより多く報われる環境

    戦国時代は、武士であれば戦闘力やリーダーシップなどがあれば、実力でのし上がることができた。結果を残せば残すほど、上に行くことができた。

    現代でも、のし上がれる方法は、いくつかある。
    例えば、スポーツ、ビジネスなどは、誰でも参加可能で、上に行くことができる。ただしスポーツは、小さい頃から一つの競技に集中しなければならず、リスクは高い。プロ野球のように、多くの選手が大金を手に入れる環境が整っていれば、周りの大人たちが応援してくれる。ただし、高卒、大卒で入らなければ、結構辛い対応をするかもしれない。

    ビジネスは、誰でも参加可能で、自分の得意なことをもとに勝負することができ、自分が出した結果の分だけ、報われる構造になっている。

 

みんなが、平均的に頑張って、平均的な給料を得れる環境

    反対に、日本の典型的な大企業は、年功序列で、勤続年数に応じて、昇進が決まるため、いくら才能があったり、頑張ったりしても、上に行くことが出来ない。そのため、あまり努力する意欲が沸きずらいし、嫌な仕事も平気で回って来る。そのため、やる気がどんどんなくなる。頑張りが反映される環境の方が、頑張れる人は、他の環境を求めて、転職する。頑張らなくも残りたい人は、ほとんど辞めさせられないので、やる気のない社員も残り続ける。

      部長や社長は、ほとんどがずっと勤め上げている人がなるため、構造的におかしいことを指摘しずらい。また、基本的に勤続年数に応じて、役職が上がるため、年齢による上下関係が生じるので、自分よりも年上の人が間違っていたとしても、指摘しずらい。

 

まとめ

   日本の典型的な大企業が、みんなが平均的に頑張って、平均的な給料を得る会社になってしまったので、やる気がある人は、転職するか、やる気を無くしていると思います。

   ぼくも、こういった大企業に所属しているので、なぜ会社員が仕事を嫌いになるかが分かるようになりました。ぼくは、圧倒的に、頑張って成功した人がより報われる環境の方が向いていると思いました。

   みなさんは、どちらの環境に向いていると思いますか。

 

以上です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。