タカマツナオキのブログ

技術系派遣社員のブログ

圧倒的な結果を出すための考え方

   今日は結果を出すための考え方についてお話したいと思います。ブログなどをやっていても、すぐに結果が出ることはほとんどなく、少しでも長く続けていると少しずつ結果が出てくるものです。

  たまにすごい人(ひつじの雑記帳)がいますけど、この人は元々WEB デザインが得意で、短期間で読者とPVが増えましたが、一般人はこういうのは無理なのであきらめましょう。こつこつと続けていきたいと思います。

 

    本題に戻りますと、多くの人と同じようにぼくも、中々一つのことを続けるのが難しいほうなので、ブログは向いていないのではないかと考えていましたが、藤沢数希さんのメルマガ(金融日記)を読んでいて、少しずつでも続けていこうと思えました。プラスで王貞治さんの名言も乗せたので、結果を出すことに覚悟を決めることができるかもしれないです。

    続けることに自信が無い方には、この圧倒的な結果を出すための考え方を参考にして、圧倒的に何か結果を出してもらいたいと思います。

【目次】

 

 

結果=才能×努力の二乗

 

    藤沢数希さんは以下のことを述べられていました。

結果=スキル×努力
       =(才能×努力)×努力
       =才能×努力の二乗

       結果は、努力の二乗に比例すると言うことを意味しており、結果は、指数関数的に増えてきます。

    そのため、最初は全く結果が出なくて当然で、少しずつ結果が出てきて、最後まで長く続けていると、ものすごく結果がでるようになるということです。

    確かに、結果と言うのは、この通りだなと思いました。最初は、結果が目に見えてこないけれど、努力を続けていれば、結果は出てくるものだと思います。

 

 

ブログで例えると 

    ブログで例えると、ブログ初心者は、ほとんどがスキルが無い状態だと思います。そのため、努力に努力を積み重ねることで、少しずつ読者が増え、PV数が増えてくるようになると思います。長い間続けても、一日当たりの努力が小さければ意味が無いけれど、一日当たりの努力が大きければ、結果が出やすいはずです。

 

ブログでの結果の出し方

   ブログは、他の大多数と同じ戦略をとって「レッドオーシャン」に飛び込んでしまっていると、自分よりも努力できる人がいると、負けてしまうので、「レッドオーシャン」に飛び込んでいるときは、早く脱出するか、その中で一番をとる気持ちでやるといいのかもしれません。

    ファーストペンギンとして、自分が参入したときはほとんど競合がいないけれどいずれ伸びるであろう「ブルーオーシャン」を、自分で開拓していき、セカンドペンギン以降がどんどん参入してくれれば、自分が優位になれると思います。

 

     ブログでお金を稼ごうと思った場合、大事なことは、自分が参入したときはほとんど競合がいないけれどいずれ伸びるであろう「ブルーオーシャン」を見つけることと、その「ブルーオーシャン」を自分の力で開拓していくことだと思います。また、その分野が自分の興味のあるジャンルであるかも重要だと思います。そうでなければ、中々続けることはできません。

 

     「ブルーオーシャン」か「レッドオーシャン」かどうかを見極めるのも、努力の大きさと才能に依存してきます。ブログをただ書くだけではなく、他の人のブログを読んだり、ブログの書き方に関する本を読んだり、どんな風に攻略して行けばいいのか戦略を考えるなどの努力が必要なんだと思います。ブログをただ続けている人はいますが、ブログで荒稼ぎしている人が少ないのは、こういった努力を続ける人が、少ないからなんだと思います。こういった努力を最後まで続ける人が、ブログで最後まで稼ぎ続けているんだと思います。

 

努力とは

   努力と言う言葉がたくさん出てきたので、努力に関する名言を紹介して終わりたいと思います。

    王貞治(元プロ野球選手)さんが言った言葉です。

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

     努力は必ず報われますが、報われていなければ、まだ努力できる余地があるのではないかということです。みなさん、努力が報われていなければ、まだ頑張れるということですよ。

「努力」は、以下の意味のようです。

目標を実現するために、心や身体を使ってつとめること(wikipediaより引用

     wikipediaの意味では、目標を達成したかどうかは関係なく、ただ目標を実現するために、心や身体を努めることだと分かります。

    ぼくを含め、多くの人は、努力というと、自分で満足するところまでやって、結果は関係が無いことが多いかもしれません。

    しかし、王貞治さんは、自分に対して妥協しないために、誰が見ても明らかな結果を残すことだけでしか、自分が努力してきたと認めることができないという考えになることで、絶対に目標を達成するんだという覚悟でやることができたのでしょう。

    圧倒的な結果を出している人は、目標の結果を出すまで必死になってやっているため、こういった発想になっているんだと思います。こういった考え方に近い人は、多くの結果を出しているのではないかと思います。つまり、多くの結果を出したければ、こういった考え方にしていくといいのかもしれません。

    ブログで稼ごうと思った場合は、こういった考え方をもっていないと、競争率が高いので、圧倒的な結果を出そうとしている人には、かなわないかもしれません。

 

まとめ

    結果が出ると信じて、こつこつと努力できる人にしか結果は出ません。正しい方向で努力しないといけないので、試行錯誤して、誰よりも結果を出してやると思って、最後までやりぬきましょう。

 

 

追加

   最初は「結果は努力の二乗に比例するので、努力を続けましょうぐらい」の内容にするつもりで、ここまで熱くするつもりはなかったのですが、王貞治さんの名言をいれるだけで、全体が熱くなってしまいました。ぼくも、頑張っていこうという気持ちに少しなれました(少しですが(笑))。皆さんも、少しずつ続けていけば良いと思います。

   

 圧倒的な結果を出すための考え方について書きましたが、それを達成するための目標を立てるときに気を付けることを書きましたので、ご参考にしてくださると、目標を達成しやすくなると思います。

www.takamatsunaoki.com

以上です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。